(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MJVMP2R'); 貼合加工された厚紙に穴加工を施しました | 名東紙工株式会社
  • 穴あけ

貼合加工された厚紙に穴加工を施しました

製造メーカー様

3mmの合紙に等間隔で穿孔機でのドリル加工

名東紙工では、合紙(ごうし)加工されたものなどの厚紙への穴加工も行っております。
今回はエンボス加工された合紙に穴加工を施し、部品見本などを固定できるようにしました。

厚みはおよそ3mm強。紙とはいえ、木板やアクリル板並みの強度になります。そのため、穿孔機でのドリル加工を行いました。

ドリルの回転数と進入速度を適正に保つことにより、穴回りのバリを最小限に抑え、後工程の手間を削減しました。また、金型製作が不要のため、余計なコストがかかりません。

今回は6mmの穴加工ですが、当社では0.5mm刻みで、2.5mmから8mmまでの穴加工が可能です。

シンプルだからこそ様々な可能性がある紙製の有孔ボード

紙製の有孔ボードは、アイデア次第で様々な用途でお使いいただけます。今回のように部品やサンプル品を固定する用途以外にも、壁材や、製造現場での治具などにもお使いいただけるのではないでしょうか。

紙製は、金属等よりも軽量で取り扱いやすく、安全です。また、リサイクルも可能なため、環境への負荷を減らす取り組みにもつながると考えております。

お気軽に名東紙工にご相談ください。